Excelの顧客データを移行するのにおすすめの顧客管理システムです。

 基本サービス[顧客管理]


[機能説明]複数顧客項目(属性)

顧客管理システムPriusProでは、顧客データベースを作成、カスタマイズ出来ます。

顧客データベースを構築し、顧客項目(属性)を複数設定出来ます。
Excel等で顧客管理をしている場合、その項目に合わせた顧客データベースの構築をして、ASPシステムへ切り替えることが可能です。

基本項目として下記の項目が設定されています。

  • 顧客項目[名前] 名前を入力するテキスト欄。入力欄の長さを設定可能。
  • 顧客項目[フリガナ] 名前(フリガナ)を入力するテキスト欄。入力欄の長さを設定可能。
  • 顧客項目[郵便番号] 郵便番号を入力するテキスト欄。郵便番号による住所検索が可能。
  • 顧客項目[住所(都道府県)] 都道府県を入力するテキスト欄。郵便番号による自動入力が可能。
  • 顧客項目[住所(市区町村)] 地区町村を入力するテキスト欄。郵便番号による住所検索が可能。
  • 顧客項目[性別] 男性、女性を選択するラジオボタン欄。
  • 顧客項目[生年月日] 生年月日を選択するセレクト欄。年、月、日でそれぞれ選択可能。テキスト入力形式でも可。
  • 顧客項目[電話番号] 電話番号を入力するテキスト欄。数字入力の制限設定が可能。

上記以外にも様々な形式で顧客項目を追加可能です。


独自の顧客番号や会社名、部署名、店舗選択、サービス選択、グループ分け項目等様々な項目が設定可能です。
  • テキスト形式: 名前等1行の文字列を入力するデータ項目
  • セレクト形式: ドロップダウンリストで選択するデータ項目
  • ラジオボタン形式: 選択肢を1つだけ選ぶデータ項目
  • チェックボックス形式: 選択肢を複数選ぶデータ項目
  • テキストエリア形式: 備考欄等複数行文字列を入力するデータ項目
  • 年月日形式: 生年月日等の日付選択のデータ項目
  • 都道府県形式: 都道府県を選択するデータ項目

作成方法も簡単で、初めての方でもすぐに顧客データベースを自由に構築することが出来ます。
Excelでの顧客管理からASPシステムへ移行することが簡単に出来ます。

基本サービス 機能項目
事例紹介
画面サンプル
料金